X

 
 

食べ残しを簡単に記録

dish

顧客の食べ残しの量を知ることができます。画像を調べることで、人気のないアイテムを把握できます。ベストプラクティスを発見し、メニューを最適化できます。

speech-bubble

サステナビリティへの取り組みを顧客に伝えることができます。実績あるコミュニケーションツールを利用することで、顧客がより環境に優しい意思決定を行うための手助けができます。

checklists

規制要件を簡単に満たすことができます。追加の手順やスタッフのトレーニングなしに、廃棄物の重量を自動で捕捉できます。

顧客の食べ残しを把握できます。

Winnow Senseを利用することで、廃棄場所がどこであれ、顧客の食べ残しの重量を自動で捕捉できます。

もっと詳しく知る

Winnow Senseの機能とは?

human scrapping food waste off plate

1. 自動データキャプチャ

廃棄物の重量をその発生源でタッチレス(非接触)で記録します。バックオブザハウスでもダイニングエリアでも、廃棄場所にかかわらずデータを捕捉できます。

rsz_winnow_sense_image_2

2. すべての廃棄物を捕捉

食べ残しによる廃棄は、事業者の厨房から出る廃棄物の30 %以上を占める場合があります。Winnowのプレコンシューマー製品を利用して、自施設における食品廃棄の全体像を把握しましょう。

rsz_1winnow_sense_image_3

3. 経時的なトレンド比較

食事時間や曜日ごとの1食当たりの食品廃棄量を理解し、ターゲットを絞って食べ残しの削減に取り組むことができます。

rsz_winnow_sense_image_4 (1)

4. 施設間のトレンド比較

施設間で食べ残しの量を比較し、ベストプラクティスを発見できます。画像を利用して、メニューと一人前の分量に対する顧客の反応を明らかにすることができます。

rsz_winnow_sense_image_5

5. 顧客との対話

実績あるコミュニケーションツールを利用することで、顧客がより環境に優しい意思決定を行うための手助けができます。

さまざまな環境で動作

chef-hat-1

バックオブハウス

スタッフの業務を妨げることなく、洗い場やバックオブザハウスで廃棄物の重量を記録します。

dish-1

ダイニングエリア

顧客がどこで廃棄するかにかかわらず、ダイニングエリアでも食品廃棄を捕捉できます。

デモのご依頼

食品ロスを半分に削減し、厨房の収益性を高めるWinnowの革新的なテクノロジーのデモをご依頼ください

デモのご依頼